マインドフルネス療法

 マインドフルネス療法は、わかりやすく言うと呼吸法や瞑想などを通して、自分の心や身体の状態に気づいていくことです。また、今この場における現象や状態に意識を集中することで、思考や感情の渦からの解放も目指します。

 生育歴において親からの威圧的態度・暴言や暴力、または長期にわたるいじめなど緊張を強いられる環境で育つと、過覚醒つまり考えが次から次に浮かんで何もしてなくても疲弊してしまうこともあります。また、発達障害などでもこのような現象が生じる場合もあります。思考の内容によっては、激しい怒りや不安などの感情がおそってきて我慢できずに衝動的な行動に出てしまう場合があります。

 マインドフルネス療法では、呼吸や身体の状態に意識を集中したり、音や目に見える物や空間に意識を集中したり、心の状態に集中するなど、今ここにおかれている自分に集中することで感情や思考を和らげていくことを身につけていきます。

 マインドフルネス療法は弁証法的行動療法においても中核をなす療法です。また、ストレスを和らげるなどストレスコーピング(ストレス対処法)の効果もあります。ご相談・ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。