アダルトチルドレン(AC)

 機能不全家族(家族内において威圧的な態度や暴力・暴言を吐く者が存在し、対立など緊張関係の中にある家族)の中で育ったりすると、自分が親から愛されているという感情を持つことが出来ずに、対人不信・対人恐怖などが生じて常に人の顔色を伺いながら生きるようになります。

 

例えば子供の時の親との関係で以下のような経験はありませんか。

●好きなことや、やりたいことをいつも否定された。

●お前はダメな奴だとか弱虫だとか言われて褒められた経験がない。

●お前がいるから離婚したくてもできないんだ、お前のために我慢してるんだ、などと言われた。

●怒鳴り散らされた。または、殴られた。

●両親が不仲で喧嘩するといつも隠れておびえてた。

●親がお酒を飲むと豹変して恐ろしい人間となるのでビクビクしていた。

●親が不機嫌にならないようにご機嫌を取っていた。

 

このような体験を子供の時に繰り返し経験すると、以下のようなことを信念として取り込んでしまいます。

●人は恐ろしい存在。いつも自分のことを傷つけようと狙っている。

●自分はダメな人間。完璧にやらないとまた怒られる。

●人はいつか自分を見捨てて去っていく。自分はしょせん誰からも相手にされない存在だ。

●いい事を期待してると必ず裏切られる。だから最悪のことをいつも考えていた方がいい。

 

等々、いつも悪い事ばかり考えて自分を守るために感情すら押し殺し、本来持っている喜びの感情や人からの愛を受け取る力さえも失っていきます。しかも、これは世代を超えて連鎖さえしていきます。

 アダルトチルドレンからの回復には根気を要する努力が必要です。カウンセリングでは、自分の中の傷ついて未だにおびえている自分の中の子供(インナーチャイルド)を自分自身で癒すワークや、ありのままの自分を受け入れ(自己受容)、大切に想える感情をカウンセラーとの会話を通して育て上げていきます。

 カウンセラーもアダルトチルドレンであり、それを乗り越えて今があります。アダルトチルドレンで苦しんでいるあなたに寄り添い伴走者となりたいと願っています。アダルトチルドレンの生きづらさからのリカバリー(回復)の道を共に歩いていきましょう。ご相談・ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

●詳しくはウェッピーカウンセリングルーム日野ブログも併せてご参照ください。

※アダルトチルドレンの方へ向けたカウンセリング

※アダルトチルドレンや複雑性PTSDで感情に囚われて苦しい~

※アダルトチルドレンの方へ。自分を知ることで~

※アダルトチルドレン。愛着の問題ーひたすら愛を求めて~

※アダルトチルドレンの方へ。感情を解放する~

※アダルトチルドレンの方へ。再決断療法ー生き方を~

※アダルトチルドレンの方へ。禁止令(~するな)ー子供の時に~